堺市深井の わららか では、体温を上げることで免疫力を高め健康な生活を推奨しています。また、色々おススメしたい事をどんどん発信している気軽に集まれる コミュニティ ショップです。

お問い合わせはこちら
営業時間
11:00~18:00
定休日
火曜日・日曜日・祝日
その他臨時休業する場合がございます。

カレンダー

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
… 定休日
… セミナー開催日

わららかの取り組み

Effort
内観
わららかについて
40代後半くらいまでは表向き明るく振る舞っていましたが、その反面 自分の気持ちを出せずにモヤモヤとマイナスな事ばかり考え、耐えきれず口に出してしまう時は きつい口調になり またまた落ち込んでしまう毎日でした。
今までに何度かストレスが溜まり過ぎ、その結果 円形脱毛 生理が月に2回 味覚障害 過呼吸 などの症状が出てしまいました。

味覚障害の時の体験ですが、建設会社の事務で勤めていた時に気を遣いすぎていた為 発症したのですが家族からおかずが辛すぎると言われ、それでも気が付か無かったのですが、ある日 お刺身を食べた時に醤油の味がせずワサビだけ鼻にツーンとしたので自覚しました。
滅多な事で病院には行かない私ですが家族に迷惑がかかるし早く治したいしと病院に行き お薬を戴きました。会社も休ませて頂いているのに、一ヶ月くらい経っても良くならず 会社に迷惑かけるので「辞めさせて下さい」と電話で報告しホッとしたその瞬間に味が蘇りました。

ストレスが無くなるとこんなにも体が楽になる事を知りました。

でも、中々性格は変えにくくその後も 自律神経失調症で寝付きが悪く低体温 低血圧 と ちょっと疲れるとめまいがして毎日が辛くて仕方がなかったです。
そんな時に温め睡眠をする事で よく眠れ 体温 血圧 と正常に戻れました。
40〜50代半ばより65歳になっている今が一番元気な気がします。

『楽して元気!』

そんな生き方をみなさまにお伝えしたくて 健康座談会を催しています。
まずは家から出かけ多くの人達とおしゃべりをしたりお茶したり楽しく過ごす事で
ストレスにさよなら〜です。

わららかは『陽気で活発な様』という意味です。 そういう場所にしたくて企画しました。
わららかで睡眠の大切さをお伝えしているワケ ~中尾善己の体験より~
睡眠の大切さを実感したのは 寝具を変え良く眠れるようになったからです。

体温も約1℃位上がり(36.5℃ 〜37℃になって)、風邪が移っても寝込む事が無くなりました。
家事や仕事も普段通りこなせ おまけに疲れも翌日に持ち越さず周りの方達から「いつも元気で若々しいね 」と言われる様になりました。
10数年前に(体調を崩している時)に人間ドックで検査を受けた時の事ですが、特に悪いところは無かったのですが 「不整脈なのでもう一度きちんと検査して下さい」と紹介状を頂いたのですが 勝手に大丈夫と決めつけて行かずじまいでした。

そんな私が寝具を変えて3年目の時に血管年齢を測定して貰ってビックリです。
なんと38歳 実年齢60歳の時です。
22歳も若かったのです。今でも血流観察(顕微鏡で)を時々するのですが、短かった毛細血管が長く伸びていたりグネグネした毛細血管もすこし綺麗な形に変わって日々甦ってます。

病院にも行かずに不整脈が良くなり血管も若返り、自律神経もバランス良くなったのは グッスリと7時間は眠れる様になったからです。
自分を今の様に元気にしてくれた寝具を多くの方にお伝えしたくて仕事にさせて頂きました。
その関係で(社)日本睡眠教育機構の講座を受講し、睡眠健康指導士(上級)を取得しました。

眠くなったから寝よう、疲れたからちょっと横になろう、と軽く考えていた
睡眠というものが動物にとって、とても大事なことだったと自分の経験を通して理解しました。


最近は小学生でも血管年齢が年老いている事が多くなっているそうですよ。
朝ご飯を抜いたりコンビニで買った食品など添加物の取り過ぎで毛細血管が弱くなっています。
特に塾やゲームで夜更かしも大きな原因にの一つです。寝る子は育つと言われるのは、子供は成長ホルモンが寝ている間に2回出るので早起き 早寝が重要なのです。(早寝早起きではありません)

サンプル
大人も12時前に成長ホルモンが出ますのでせめて11時迄には寝るようにしたいですね。
もう背は伸びないから成長ホルモンはいらんよ と思いがちですが、細胞の増殖正常な代謝を促進させる働きが有ります。つまりアンチエイジングに効果ありです。

体温を上げ質の良い睡眠を取る方法は、生活習慣・食事・運動・お風呂の入り方・普段の思考を少しいい加減にしストレスを溜めない など、ちょっと意識すれば良いのですが、 すんなり出来たら苦労しませんよね。

私がお勧めしているのは、寝具を変えて7時間 温め睡眠をするだけです。

その結果 免疫力UP 頭スッキリ お肌スベスベ 言うこと無しです。
体質改善の大切さ ~体温を上げることからはじめましょう!~
アレルギー体質 虚弱体質 冷え性 太りやすい 疲れやすい 肩が凝る 腰痛 など
病院に行く程でもないけど毎日が楽しく過ごせないという方は結構いらっしゃると思います。
何故 体調を崩すのか?

一番大切な臓器は身体の99%有る毛細血管と言われています。
何故かと言いますと毛細血管は細胞の一つ一つに栄養素と酸素を運び老廃物と二酸化炭素を排出する大切な働きが有ります。
そして外から侵入したウィルスをやっつけてくれるのも毛細血管です。
血流が悪くなると起こる代表みたいなのが 肩こり 腰痛 と 思い付くのですが、高血圧 糖尿病 も関係が深いそうですよ。
気の巡りと血の巡りすなわち気血 東洋医学でよく聞く言葉ですね
気は目に見えませんがエネルギーの事 血は先にも述べましたが酸素と栄養素を細胞に渡し老廃物と二酸化炭素を排出する仕事をしています。
トラックと荷物の関係と思って頂ければ分かりやすいかもしれません。
気がトラックで血が荷物 バランスよく運ぶと巡りが良く健康、バランスを崩すと巡りが悪く病気になる。

病は気から 気持ちの持ち様で病気も何処へやら・・・
と分かっていても体調不良になると落ち込んでしまいますよね。

先ずは血の巡りを良くし、その為には体温を上げる事
そしてお天気の良い日は少しでも外に出て大股で歩きましょう。
気分も晴れると思います。
体質改善と大げさに考えるとどうしても重くなりますが、もっと気楽に そうです 気を楽にして楽しく暮らしましょう


微力ですが、自分の経験した事で皆様に、いろいろ元気になれる様にお手伝いさせて頂きたいと思っています。

是非お店にお越しください。お役にたちたいと思っています。